喪失による寂しさ 大切な人を亡くした時、

私たちは言葉ではとても表現できないような寂しさを感じます。

朝起きても、あの人の笑顔や声が聞こえない。

温もりを感じる事が出来ない。

「この前まで一緒に笑っていたのに…。」

いない。

って頭で分かっているのに、心は何度でも思い出させてくれて、

その度に私たちは”寂しさ”を感じます。

なぜ私たちは寂しさを感じるのでしょうか?

寂しさはつながりを求めるこころの表れ。

この寂しさを感じるのは、

大切な人との”繋がり”が失われてしまったからです。

大切な人とのぬくもりや、

大切な人と一緒にいる二人で一緒の私。

一人じゃないって感じる事ができて心の支えだった大切な人。

そんな人がいなくなって、

そんな大切な人との繋がりを失ってしまって、

心がその繋がりを求めて、寂しさを感じさせてくれています。

心はあなたにまたその繋がりや温もりを感じて欲しいのです。

その繋がりや温もりを感じることで、

あなたに安心して欲しいんです。

ほっとして欲しいんです。

繋がっていたころのあなたの心の落ち着きをしっているから、

もう失ってしまったとわかってても、

安心して欲しいからそのつながりを求めているのです。

寂しさがあるから、繋がりを思い出すこともできる。

でも、もう失われしまった。

もういなくなってしまった。

寂しさなんて辛いだけだ。

やっぱりそう感じるのも当然です。

 

ただ、寂しさを感じるということは、

あなたの心の中に、大切な方との繋がりがあるからです。

その方との繋がりや温もりを心が覚えているからです。

だから、寂しさを感じる度に、

故人との繋がりや、一緒に行った場所や笑い合ったことや、

手をつないだことや、ほっとしたことを思い出すのです。

 

体は直接温もりを感じることはできないけれど、

寂しさを感じる度に、私たちは心の中で繋がりを感じることができます。

 

あなたの心に大切な人とのぬくもりが残っているから。

心にそのつながりがあるからこその寂しさです。

 

どうぞ丁寧に時間をかけていたわってください。

寂しくって当然です。

だって、それほどまでに大切だったのですから。

何度でもまた会いたいって思って当然です。

大切な人なのですから。

 

寂しさを感じて、

家族や友人と思い出話をしたり、写真を整理したりして、

大切な人と一緒に笑った時間や、

喧嘩した時間も、一緒に泣いた時間も、

どうぞ大切に感じて下さい。

寂しいって手紙を書いてみるのもいいかもしれません。

その寂しい気持ちを、繋がりをどうぞ大切にしてください。

それがきっと故人を悼むことなのではないかと感じます。