大切な人を亡くなった時、大切な人を亡くしたのに涙が出ない。

涙が出ない時があります。
心は悲しんでいるのに、涙が出ない時があります。

そんな時に、私たちは自分を冷たい人間だと考えがちです。

ただ、それは間違いなのです。

涙が出ないからって、泣けないからってあなたは冷たい人間でも、

酷い人間でもないのです。

 

なぜ涙が出ないかという理由をお伝えするのには、

まず、心の仕組みを知る必要がありますので、

涙がでない時、こころはどんな働きをしてくれているのだろう?

ということをお話させて頂きます。

涙が出ない時、心が守ってくれている。

大切な人がこの世を去ってしまった。

という事実は、とても大きなことです。

その為、ショックも計り知れなく、

心にかかるストレスもとても大きくなります。

 

事実を受け入れられない、

何が起きたからわからない。

パニックになる。

そんな一種のショック状態に陥ります。

 

心が急な負荷に耐えられないのです。

 

そういったショック状態に陥った時、

心はこれ以上あなたの心が壊れないように、

守ってくれようとします。

 

どのように守ってくれようとするのかというと、

心の機能を一時停止するのです。

その為、気持ちをあまり感じなくさせてくれます。

 

なぜそんなことをするのかというと、

これ以上気持ちが動いてしまったら、

心が耐えきれないからです。

心のバケツが溢れてしまうからです。

 

だから、心が壊れないように、

”一時的に”気持ちを感じなくしてくれているのです。

これを「感情の鈍麻」といいます。

 

大切な人を亡くした時、

こういったことが起こる為、

涙が出ないことや、

気持ちが出てこないことがあるのです。

 

これは、心が壊れたわけでもなく、

あなたが冷たい人間だからでもなく、

あなたが酷い人間だからでもありません。

 

心は今もずっとあなたの為に働いてくれているのです。

あなたの心が準備ができるまで、

心を休ませてくれているのです。

涙が出ないのは、亡くなる前に準備をしてきたから。

そして、もう一つ涙がでない時に考えられることがあります。

それは、例えば大切な人が病気になってしまって、

死期が近いことをあなたが知って、

亡くなる前から、その死期を悟った瞬間に、

もう長くないとなんとなくでも悟った時に、

大きな悲しみをあなたがすでに体験していた場合です。

 

この場合、もう深い悲しみを、

沢山の涙を、亡くなる前にあなたはもう体験しているのです。

急になくなったわけではなく、

あなたは傍で、ずっとずっと見守っていて、

一人、大きな悲しみを抱えていたのです。

 

心の奥でなんとなく分かっていたのです。

亡くなる前からずっと深い悲しみを体験していたのです。

だから心は、少しずつ準備が出来ていたのです。

 

だから死を迎えてしまったその時に、

涙がでないのです。

 

それも当然なのです。

ずっとあなたは悲しみを抱えて涙を流してきたのですから。

涙がでないのは、泣いてしまうと自分を保てなくなるから。

そして、最後にもう一つだけお話をさせて下さい。

 

大切な人が亡くなった時、

お葬式や、いろんな手続きに追われ、

親戚に挨拶をし、周辺整理をし、

涙をながしている場合じゃない時があります。

 

書類を提出しなきゃいけず、

お墓を決めなければいけず、

日取りを決めなければならず、

やることが本当に沢山あります。

 

そんな時は、どうしても自分の気持ちを押し殺してでも、

進まないといけないことがあります。

しっかりとしないといけない時があります。

気を張っていないといけない時があります。

そうでもしないと、やることに集中して忙しくしていないと、

自分が保てずに、そういったやらなければいけないこともできなくなってしまうのです。

 

あなたの心はそれを知っていて、

目の前のやるべきことや、他のすべきことに向かわせてくれるているのです。

それは、少しでも「死」という深い悲しみをあなたが忘れられるように、

こころのそんな優しさからです。

だから涙がでないのです。

だから冷たいなんてことなんて全くないのです。

 

一度涙を流してしまったら、

きっといろんなことをあなたは思い出してしまうでしょう。

 

すると、あなたはきっと何もできなくなってしまいます。

だから、そうならないように、

やるべきことや忙しく、そわそわとさせてくれて、

少しでもあなたが自分を保てるようにしてくれているのです。

涙が出なくても、無理に泣こうとしないで。

 

これまでお話をしたように、

涙がでないのは、あなたの心があなたを守ってくれているから。

あなたは何にも悪くありません。

冷たい人でもありません。

 

涙が出ない時、無理に泣こうとすると、

きっともっとずっとあなたは辛くなると思います。

それは、「今」は泣けないからです。

 

だから、無理に泣こうとせずに、

泣けるに越したことはないと考えてみて下さい。

 

そして、心が壊れている。

冷たい人間だと考えずに、

「今」は、心が自分を守ってくれていて、

一歩踏み出す為に、顔を上げるために、

心を静かに充電してくれているんだ。

だから立ち止まっているんだって

そう考えてみて下さい。