前を見ず思い出を話す時間が大切

を見ず、思い出を話す時間も大切。

グリーフケアカウンセリングをしていると時々思うことがあります。

それは、前を向かずに安心して故人の思い出を話したり、

後悔を言葉にしたり、悲しみを言葉にする場所は、

とても大切だということです。

 

私はカウンセラーをしていますから、

相手が抱えている苦しみや後悔や悲しみを

ついついどうにかしてあげたくなってしまう時があります。

 

でも、グリーフケアをさせて頂いていて、

それが自分のエゴであると気づきました。

 

必ずしもそれを望んでいないのだと、

そう、ご相談者を通して教わりました。

 

というのも、「死」というのは人生において大きなテーマであり、

敬遠されがちなテーマです。

 

その為、気軽に家族や友だちに話す事が出来ないのです。

話し手としたら、聞いて欲しい気持ちはありますが、

受け止めてもらえなかったり、相手に負担をかける事を避けるために、

話せなかったりすることがあるのです。

 

だからこそ、ただ聞いてもらうこと。

前を向こうとせずに、故人との思い出を懐かしみ話せること。

きちんと悲しいと言える場所。

きちんと辛いと言える場所。

そんな安心して自分とむき合える場所は大切なのです。

い出に浸れる場所は大切です。

私は、こんなことをご相談者さんに聞いたことがあります。

「今は話を聞いているだけで、○○さんのお役に立っていますか?」と。

するとその方は、こう答えてくれました。

「そうですね、今は話を聞いてくれるだけで十分です。」と。

 

その方は、とても大切そうに思い出を一つ一つ丁寧に教えてくれました。

その姿を見て私は、悲しみや、寂しさと共に、温かさや故人を悼む

大切な気持ちを感じました。

 

「いつまでも思い出に浸ってないで。」

と、そのように声を掛けるのは簡単です。

 

ただ、もっと大切に感じるのは、

そういった思い出一つ一つを丁寧に大切にしていくこと。

思う存分、その時の気持ちを味わうこともまた、

必要なんじゃないかと思うのです。

 

それはきっと、あなたが二度とその思い出を忘れないように、

慈しむことだと思うからです。

 

だから、ただ話ができる場所。

前を向く必要がない場所。

「私自身」と共にいれる場所。

「故人」と共にいれる場所。

 

そんな前を今は向かないことも選べる場所が、

そんな前を向かないで、思い出に浸る時間が、

きっと人には必要なんじゃないかなってそう思います。

 

あなたにもそんな場所や時間が訪れますように。

  著者プロフィール

野川 仁
野川 仁

元引きこもりの心理カウンセラー。

現在は、都内のクリニックでカウンセリングをする傍ら、講師として、毎週(土)横浜で講義を行っている。