悲しみから休暇を取る。

しみから休暇を取る。

故人を悼むことは、とても大切なことです。

そして、時にその悲しみから少しだけ距離をとることも

とても大切なことなのです。

 

悲しみから離れ、悲しみをお休みする時間も、

とても大切なことなのです。

 

ただ、悲しみから離れると、

罪悪感を感じることがあります。

 

「私だけこんな思いを…。私だけ楽しんで…。」

 

と、そう感じることがありますが、

天国にいる大切な人は、あなたが悲しみから離れる時間を、

許してくれています。

 

なぜなら何より、あなたが故人のことを大切に思うように、

故人もあなたのことを大切に思っているからです。

 

だから、悲しみから休暇をとっても大丈夫です。

 

休暇を取り、悲しみから離れ、どうか自分と共にいる時間をとって下さい。

本を読むのもいいでしょう。

一人、旅行にいくのもいいでしょう。

温泉につかってゆっくりするのもいいかもしれません。

 

友人と食事をしたり、遊ぶのもいいでしょう。

もちろん、無理のない範囲で。

 

悲嘆を乗り越えていくには、そんな自分といる時間や、

楽しみや喜びを感じる時間が時に大切です。

その大きすぎるテーマを乗り越えていくには、

休暇を取り、また向き合う力を養うことも大切なのです。

 

  著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。
現在は、都内のクリニックでカウンセリングをする傍ら、講師として、毎週(土)横浜で講義を行っている。