癒しは悲嘆を十分に味わった後に。

しは悲嘆を十分に味わった後に。

癒しはいつ私たちに訪れるのだろう?

一体いつになれば、この深い悲しみは癒えていくのだろう。

私たちは、悲嘆を抱える方と接する度にそう思う。

だからずっと悲嘆に暮れている方に対して、

慰めをしたり、気分転換に趣味にさそったり、

買い物や食事に誘うことがあります。

 

それはやはり、ただじっと悲しみに寄り添い、

目の前の悲嘆を抱える方と一緒にいることができないからであり、

それ以外の方法でなんとか前を向いて欲しいと願うからです。

 

ただ、癒しは深いかなしみに触れて初めて、

目の前の方の心の奥から湧き上がってくるものです。

 

その為、一時的に悲嘆から目を離しても、

その体験を先延ばしにしも、根本的な解決にはなりません。

そればかりか、先延ばしにしてしまうと、

後でその分余計に苦しみが強くなる。

そんなことも起こり得るのです。

 

悲しみには、しっかり味わうことであり、

しっかりと体験することなのです。

悲しみがあなたを襲ってきたら、

悲しみに身を任せて、涙を流してください。

 

その悲しみがいつまで続くのか、

私にはわかりません。

 

ただ今は、悲しみに身を任せて泣いてください。

それは一日続くかもしれません。

何か月も続くかもしれません。

心ゆくまで、泣いてください。

それほどの事だったのですから。

 

そして、悲しみに身を任せて、

涙を流していると、

怒りに気づく時があります。

 

その時は、沢山怒ってください。

「なぜ死んでしまったの!?」

「一緒に生きるっていったのに!」

怒りを言葉にしてみるのもいいでしょう。

言葉に出来ない時は、

その怒りを書きなぐってもいいでしょう。

タオルを持ってきて、

タオルでクッションに怒りを思いっきりぶつけてもいいでしょう。

これまでに溜まったあなたの心の中の怒りを、

体からどうぞ出してください。

 

ただ、どうか無理やり怒りを出そうとしないでください。

どうか無理やり悲しみを感じようとしないでください。

 

ご自分の気持ちを大切にしてください。

気持ちが出てくるにも、

人生に季節があるように、

人の気持ちにも時期があるのですから。

 

悲しみを十分に味わった後には、

スッキリとした解放感と共に、

穏やかで、少し暖かい気持ちが

あなたの心に中に残っていることに、

きっと気づくはずです。

 

癒しは悲嘆を十分に味わった後にくるのですから。

  著者プロフィール

野川 仁
野川 仁

元引きこもりの心理カウンセラー。

現在は、都内のクリニックでカウンセリングをする傍ら、講師として、毎週(土)横浜で講義を行っている。