生かされた

かされた。その言葉が人を傷つける

生かされたという言葉。

この言葉をたまに聞くことがあります。

 

でもこの言葉は、残酷な言葉だなと思います。

 

それは、「生かされた」という言葉の背景には、

「生かされなかった」方がいるという前提があること。

そして、その方たちは決して生かされなかったわけではないからです。

 

「生かされた」という言葉が、

生きる力を与えてくれることもあるでしょう。

命の尊さを感じることもあるでしょう。

 

でも、一方でその言葉の後ろには、

亡くなった方がいるのです。

そして、そのなくなかった方の後ろには、

家族や友人や恋人がいるのです。

 

その方々に対して、

私は「生かされた」と言うのは、

それがどんな形であれ、

その言葉をその方たちに聞かせることは、

酷なのではないかなと感じます。

 

「じゃ~私の大切な人は生かされなかったの!?」

ってやっぱりそう思ってしまうでしょうし、

ただでさえ大変な思いを抱えているのに、

さらにそんな思いをさせてはいけないんじゃないかなと、

そう思うのです。

 

私たちの誰もが懸命に生き、

そして生きたのですから。

  著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。
現在は、都内のクリニックでカウンセリングをする傍ら、講師として、毎週(土)横浜で講義を行っている。