否定する気持ち

大切な方を亡くした時、

私たちは悲しみにうちのめされます。

 

ただ、信じられない時があります。

「本当は、まだどこかにいるのではないか。」

「本当に死んだのかな?」

という気持ちです。

 

これは、エリザベス・キューブラーロスが言うところの、「否認」の段階です。

 

全ての気持ちを感じていては、心が壊れてしまうからです。

心が壊れないように休ませてくれているのです。

 

亡くなったことが信じられない時などは、

ご自分で自分のことを酷い人間である。

と考えがちですが、そうではないのです。

 

今はまだ信じれなくていいのです。

居なくなってしまったことを強く意識すると、

今はきっと辛すぎるのです。

 

だから、今はそのままでいいのです。

 

少しずつ少しずつ、

どうかあなたのペースで現実を受け入れていってください。

丁寧に時間をかけていきましょう。

 

もしお一人でその道を歩むのが怖かったり、

苦しかったりするときは、

どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

 

丁寧に気持ちを感じていきましょう。

  著者プロフィール

野川 仁
野川 仁

元引きこもりの心理カウンセラー。

現在は、都内のクリニックでカウンセリングをする傍ら、講師として、毎週(土)横浜で講義を行っている。