失った愛する人のことを話す

失った愛する人のことを話そう。

同じことを何度も話しても大丈夫。

あの人とのことを。

あの人のことを。

 

そういった時期が、

そういったことが、

悲しみを癒していくには、

とっても大切なのです。

 

そうやって繰り返し話していくことは、

あなたが大切な人を亡くしてしてまったという事実を、

少しずつ受け入れていく為に大切なステップです。

 

繰り返し、頭に浮かぶこと、

大切な人のこと、

大切な人とのこと、

臆せず口にしてください。

 

そうすることで、

自分の気持ちに気づくことも、

自分の気持ちに素直になることもできるのですから。

 

繰り返し話すということを通して、

悲しみは癒えていくのですから。

  著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。
現在は、都内のクリニックでカウンセリングをする傍ら、講師として、毎週(土)横浜で講義を行っている。